スポンサーリンク

老化防止によい運動15記事

14 ウォーキングによる、老化防止、有酸素運動!

〇 老化防止に、有酸素運動!

健康づくりのためにウォーキングをしている人は少なくありませんが、健康だけではなく老化防止にも役立つことがわかってきました。
ウォーキングをスタートすると有酸素運動は血管を柔らかくする作用があり、身体全体を健康にしてくれます。

〇 ウォーキングで重要なことは歩く速度です!

もちろん、運動による脂肪の燃焼で肥満防止も期待できるでしょう。
ウォーキングで重要なことは歩く速度です。
走る必要はありませんが、少し早歩きを心がけなければなりません。
また、早歩きを3分続けると、少しペースを落として3分歩きます。
そしてまた早歩きというように、自分の中でリズムを決めて、それを意識的に実行することがポイントです。早歩きをすることで足に少し負担がかかりますが、それは筋肉を鍛えることにつながります。
筋肉が鍛えられると、さらにスピードを速くしてもいいでしょう。

〇 ウォーキングを毎日継続している人は健康になる!

年齢とともに体の運動能力は衰えますから、無理をして早く歩く必要はありません。
しかし、ゆっくり歩くのであれば運動になりませんから、軽く汗をかく程度を心がけるといいでしょう。
ウォーキングを毎日継続している人は健康になるとともに、リアルタイムに、感情が活動的になります。
体の老化防止だけではなく心も若返るのでしょう。
室内で行う運動として筋力トレーニングも注目されています。
スクワットやヒップリフトなどの体幹筋を鍛える運動です。
筋力を鍛えていく、運動は無酸素運動です。

〇 運動も短期間に集中することは避ける!

ウォーキングの有酸素運動と無酸素運動を合わせて行うことが健康づくりであり、老化防止につながるのです。
自分はまだ若いと思っていても、予想以上に体が動かないことがあるでしょう。
運動は急にやるのではなく、少しずつ体を慣らして継続することが重要です。
ウォーキングを始めた成果は年単位で評価することをおすすめします。
短期間でのダイエットなどはリバウンドが問題となりますが、運動も短期間に集中することは避けた方がいいでしょう。
期待外れになってしまうからです。
健康は地道に続けることで作られます。

まとめ

高齢になってからウォーキングを始めるよりも40代、50代ぐらいから始めた方が体も動きますし、一段と老化防止の成果が出るでしょう。
ウォーキングを毎日やる時間が取れない人は、別の形で有酸素運動をすればいいでしょう。
いろいろな方法をインターネットで調べてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-老化防止によい運動15記事

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.