スポンサーリンク

老化防止によい運動15記事

10 老化防止と運動機能、循環器を活性化!

〇 老化防止と運動機能!

高齢になり体の運動機能が衰えてくると、次第に外出しなくなり、ベッドに寝たきりになってしまいます。
このような状況を避けるためには運動機能を持続することが求められます。

〇 自分の筋肉量に合わせて膝の曲げ方や回数を調整!

人の体の場合は下半身を鍛えておくことがその対策となるでしょう。
老化防止に注目している人が少なくありませんが、健康で元気な体でなければ長生きしても楽しい人生とはならないでしょう。
そんなわけで老化防止のための、運動の手法を知っておくことが大切になります。
具体的には無酸素運動によって下半身の筋肉を鍛えることと、有酸素運動によって循環器を活性化することでしょう。
下半身を鍛えるためには激しい運動ではなく、ゆっくりとした運動が基本ですが、ある程度の負荷をかけなければなりません。
スクワットは腰から下を鍛えますが、スピードを出さずにゆっくりと体を動かさなければなりません。
そして、自分の筋肉量に合わせて膝の曲げ方や回数を調整すればいいでしょう。

〇 日常生活に支障がない程度に筋肉をつける!

若い人なら回数を増やしてください。
高齢者は無理をしない程度に膝の曲げ方を軽めにするのです。
筋肉量を増やすことで、高齢者でもしっかりとした足取りで歩くことができます。
若い人と高齢者を比較するのではなく、自分の体のことを考えましょう。
若い時はできたことが年齢とともにできなくなっていきます。
それは間違いありませんが、日常生活に支障がない程度に筋肉をつけることはできるのです。

〇 長年腰の痛みに悩んできた人の多くは運動不足が原因!

下半身を鍛えることが老化防止となりますが、顔の筋肉を鍛えると皺が増えるのを抑えることにつながります。
人の身体は幾つになっても鍛えることができる理由は成長ホルモンが分泌されるからです。
筋肉を作るだすのは成長ホルモンであり、このホルモンが身体の活力を保つ秘訣なのです。
高齢者のための体操教室などでも筋肉を鍛える運動を取り入れるようになってきました。体幹筋を鍛えることで腰や膝の痛みを和らげることができるでしょう。
長年腰の痛みに悩んできた人の多くは運動不足が原因と言われています。
つまり、自分の腰を支えるだけの筋肉が付いていないのです。

まとめ

運動機能が低下してしまうと、どうしてもそこから鍛えなおすことは容易ではありません。
けれども、リハビリの一つとして筋肉を鍛えることが大事だと考えられています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-老化防止によい運動15記事

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.