スポンサーリンク

老化防止によい運動15記事

9 老化防止のために、有酸素運動、ウォーキング!

〇 老化防止のために!

老化防止のために何をすればいいかは、若い時から考えておくことが大切です。高齢になった時にはすでに老化が進んでいて、できる対策が限られてくるからです。
もちろん、高齢になっても老化防止を考えることは重要です。

〇 基本的には老化防止は年齢と関係ないのです!

運動をすることによって体は健康になっていきますが、その運動量は年齢や体調に合わせることが重要となります。特に体に障がいがある人は医師に相談しながら運動をすることが大切でしょう。

外見は皺が増えてきて、高齢者となってしまいますが、筋肉を鍛えることで体の内部の元気を取り戻すことができます。実は筋肉には老化はありません。つまり、何歳になって筋肉を鍛えることができるのです。筋肉が作られるのは成長ホルモンが分泌されるからですが、この成長ホルモンが老化防止になるのです。

〇 老化防止はアンチエイジング!

成長ホルモンと聞くと、一般的なイメージでは子どもから大人に成長する時に必要なホルモンと思っている人も少なくありません。その働きもありますが、大人になってもキズを治したり血糖値を安定させたりする効果があるのです。老化防止は美容におけるアンチエイジング効果と同じです。
つまり、老化防止はアンチエイジングそのものと考えてください。

〇 有酸素運動をプラスすることを心がける!

女性なら若い時から筋トレを積極的に実践しましょう。そしていつまでも若い体を維持するのです。医学界では体幹筋を鍛えている人の方がしわやシミが少ないという研究結果も発表されています。化粧品会社のサイトにも掲載されているようです。
注意しておかなければならないのは筋肉を鍛える運動は無酸素運動ですから、有酸素運動をプラスすることを心がけなければならないことです。
有酸素運動はウォーキングやジョギングなどの時間をかけた運動です。

まとめ

その違いは老化防止の効果に表れます。
無酸素運動をすることで筋肉が付きますが、血管が固くなっていく点が大きな問題となります。
もちろん、若い時には何の影響もありませんが、高齢になって高血圧などの心配が出てくると血管が固いと影響が少なくないでしょう。
有酸素運動をすることで血管を柔らかくなりますから、筋肉を付けながら血管を柔らかい体を作り上げることができるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-老化防止によい運動15記事

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.