スポンサーリンク

読書!今がチャンス!15記事

1 読書で日々を!心理学者が書いた本!悩みも読書からヒント!

〇 ダウンロードすればいつでも読書は可能!

学生の時から読書好きな人は少なくありませんが、社会人になると時間に余裕がなくなり、読書量が減少すると言われています。
現代はスマートフォンが普及していますから、読書の方法も多様化しています。
図書館や書店に行かなくても、購入することができますし、スマートフォンにダウンロードすればいつでも読書は可能です。

〇 おすすめなのは、心理学者が書いた本!

しかし、若者を初めとして多くの人は余った時間でゲームをして日々を過ごして居るのです。
社会人となって、学生とは違う生活を始めると、そのギャップについて行けない人も少なくありません。
また、仕事では上司や部下との付き合い方に悩む人も多くいるでしょう。
読書をきっかけとして考え方をいい方向に変えることができます。
それでは、具体的にどのような本を読めばいいのでしょうか。
社会人におすすめなのは、心理学者が書いた本です。

〇 悩みも、読書からヒントを得て!

人との付き合い方、部下の指導方法、自分自身のモチベーションを高める方法などが注目されていますし、実社会で活用できます。
心理学者であるドラッガーやアドラーの書籍を読んだことがある人は多いはずです。
学生でも社会人でも誰でもが何らかの悩みを持っています。
その悩みを解消するためのヒントとなるのです。
最終的には悩みは自分で解決しなければなりませんが、その手掛かりを得るための読書と考えましょう。
現代においてもたくさんの書籍が新しく刊行されています。
その理由を考えてみてください。
書籍を求めている人が多いのです。

「嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え」岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)

 

「マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則」ピーター・F・ドラッカー (著), 上田 惇生 (翻訳)

 

〇 海外では有名な書籍でも日本語訳されている!

また、海外では有名な書籍でも日本語訳されていなかった本も少なくありません。
数十年前の知識でも現代に通じるものがあり、自分の悩みを解消してくれるかもしれません。
インターネットでおすすめの書籍を検索してみましょう。
対象となる人を限定するのではなく、どのような本でも何らかの意味を持ちます。
本を読むことで人はいろいろなことを考えるようになります。
そして、それが行動に表れてくるのです。

まとめ

経営者として読んでおくべき本もたくさん紹介されています。
営業マンはお客の考え方を知るために、経営者なら部下の指導方法を知るために読書をおすすめします。
どの本を選んでもいいのですが、1冊だけですべてが解決することはありません。
継続することをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-読書!今がチャンス!15記事

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.