スポンサーリンク

自動車の燃費15記事

4車の運転には!運転手段!信号!アイドリング!

〇 燃費、向上、運転!

具体的な運転手段について考慮してみます、ガソリン車の時です、普通にエンジンを切っておく時が長ければ、それだけ燃費向上となります。ただ、その仕組みは今の時代のガソリン車のすべてに採用されているアイドリングストップです。信号が赤で停止した時に自動的にエンジンを停止させる仕組みです。

〇 エンジンの始動!

考えておかなければならないのは、次のエンジン始動では余分にガソリンを支出する事です。アイドリングストップで止まったら、次の始動までの間燃費向上になっていてブレーキペダルから足を離すと、自動的にエンジンが始動します、信号が青に変わっても前が詰まっていたら、自分の車がスター発進しない時はブレーキを踏んだままにしておきましょう。理論的には5秒のアイドリングストップをすれば、始動時のガソリン支出はカバー可能なと言われています。

〇 ハイブリット車!

燃費向上を心積もりながら運転する事は手っ取り早くではないのです。それから、ハイブリッド車のケースは如何にでしょうか。

ハイプリット車の仕組みみと,低燃費の理由と、燃費が向上、燃費の良さ、減税などの後押しを受けられるハイプリット車の購入が増えてるそうです。

しかし、燃費の良さを期待して買い求め乗ってみると、エンジン車との差を感じられないという人もいるようです、ハイブリット車の走行はエンジン車と異なる仕組みを使っており、燃費を向上させるための走り方に、色々なコツがあるようです。

発進から加速するまでの要領、最もエネルギーを必要とするのは発進するときで、エンジン車ではガソリンが大量に消費されますがハイプリット車の場合は発進時に電気モーターをを使うことで余計なガソリン消費を防いでいます。

〇 頭を使って運転する!

ハイプリット車の燃費をよくするには、頭を使って考えながら運転しなければ燃費の向上になりません。走行中上り下りの坂があるときは、上り坂はモーターを使うことで電気をできるだけ消費し、下り坂で回生ブレ―キを使って発電するようにします。

まとめ

ガソリン車と同じ気持ちでハイプリット車を、走らせているだけでは、燃費の向上は期待できません、ガソリンと電気モーターを併用するハイプリット車の構造を理解しその特性を上手く生かしながら運転をし効率の良い運転を心がけましよう、毎日の通勤ルートであれば効率よく走らせる方法を研究するのも運転の一つの楽しみ方ではないでしようか。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-自動車の燃費15記事

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.