キャッシングでお金を借りられる説明サイト

キャッシング 初めて おすすめ

キャッシング

〇 キャッシングを利用・急な出費や勤務先の都合・返済が困難に!

 

〇キャッシングの返済!

キャッシングを利用していると、急な出費や勤務先の都合で給料の支払いが遅れたりして、毎月の返済日に返済が困難になることがあります。特に、会社の都合による給料の支払い遅延は、私たち労働者にはどうすることもできない問題ですが、延滞が会社の落ち度によるものだとわかっていても、何もしない可能性もあります。確かに会社の都合による延滞の可能性もありますが、それは金融機関にとっては全く関係のないことであり、延滞としてカウントされてしまいます。また、毎月の返済を滞納していると、将来的に借入が困難になる可能性もあります。

しかし、勝手に延滞してしまった場合と、事前に延滞を提案してきた場合では、金融機関への印象はかなり違ってきます。そこで今回の記事では、毎月の返済日に遅れそうになった場合、金融機関に連絡することで返済日を延ばせるかどうかを解説していきます。この記事で解説するのは

〇キャッシングの返済日の延長が可能!

結論から言うと、キャッシングの返済日を延ばすことは可能です。ただし、事前に金融機関に延滞する旨を連絡しておく必要があります。しかし、事前に金融機関に連絡しておかないと、どのくらいの期間延長されるのかわからなくなってしまいます。事前に金融機関に連絡しておかないと、延長がどのくらいの期間になるのかわからなくなってしまいます。

また、どのくらいの期間延長が可能なのか?これはお客様の利用状況にもよりますので、一概に何日とは言えません。しかし、ネット上の書き込みを見てみると、次の給料日まで延長が可能と書いてあることが多いようです。

しかし、キャッシングを利用して何度も延滞を繰り返している人にとっては、支払い日を延長することはより困難です。そうではないでしょうか?延滞を繰り返す=信用できない

支払い日の延長の連絡する際には、金融機関に直接電話してください。なぜなら、ほとんどの金融機関では、支払日延長の電話連絡しか受け付けていないからです。延滞したからといって延滞金を請求されることになります

毎月の支払いが間に合わず、金融機関に支払い日の延長を依頼しても、本来の支払い日に支払いができないため、延滞金を請求されることになります。そのため、返済日を延長する際には、元金+利息に加えて延滞金も発生することを覚えておいてください。

〇この延滞金は当初の返済日の翌日から発生します。そもそも毎月の返済日を変更することは可能なのか!

ほとんどの金融機関では、この延滞料に20%の金利がかかります。例えば、元金が10万円で延滞日数が10日の場合10万円×20%÷365日×10日=547円

つまり、毎月の支払いに加えて547円の延滞金を支払う必要があります。ちなみに、この延滞金は当初の返済日の翌日から発生します。そもそも毎月の返済日を変更することは可能なのか?

キャッシングを利用していると、勤務先が変わったことで毎月の給料日まで変わってしまうことがあります。

この場合、給料日が変わってしまったので、今までキャッシングを利用していた日と同じ日に支払いができなくなってしまうことがありますよね?

そこで、転職して給料日が変わった場合は、キャッシングの返済日も変更した方が良いでしょう。

まとめ

この毎月の返済日の変更については、金融機関によって取り扱いが異なります。つまり、返済日の変更を認めてくれる金融機関もあれば、認めてくれない金融機関もあります。

返済日の変更を認めてくれる金融機関としては、アコムやアイフル、プロミスなどの大手消費者金融や、三菱東京UFJや三井住友、オリックスなどの銀行などがあります。

-キャッシング

Copyright© キャッシング 初めて おすすめ , 2021 All Rights Reserved.