キャッシングでお金を借りられる説明サイト

キャッシング 初めて おすすめ

キャッシング

〇 絶対借りれる ・カードローン ・極甘審査ファイナンス・!

〇お金を貸した後に元金と利息を回収して利益を得ようとしている!

私たちがキャッシングやカードローンなどの金融商品で金融機関からお金を借りるためには、審査に通る必要があり、審査に通れば貸し出し金利(利息)を支払ってお金を借りることになります。金融機関は、キャッシングやカードローンをボランティアでやっているわけではなく、お金を貸した後に元金と利息を回収して利益を得ようとしているのです。金融商品には金利がかかるのは当然のことです。

しかし、当サイトをご覧になっている方であれば、金融商品を利用する際に利息が発生するのは当たり前のように感じているかもしれませんが、そもそも金利がどのような仕組みになっているのかを理解していないかもしれません。確かに金利の計算方法にはいくつかの種類がありますので、詳しくは理解できないかもしれません。そこで今回は、キャッシング(カードローン)の金利について解説していきます。

〇キャッシングの金利とは!

そもそも、金利とは何なのでしょうか?今回の記事では、その金利について解説していきます。先ほども述べましたが、金融機関からお金を借りてから返済するまでの金利のことです。つまり、利息=金利ということになります。

金融機関は慈善事業ではないので、基本的には利息を付けてキャッシングを貸し出しています。キャッシングの中には、0日の期間は無利息というものもあります。

いずれにしても、例えば10万円を借りて1ヶ月で11万円を返済した場合、利息は11万円-10万円=1万円となります。そして、キャッシングの商品説明には、年利3%~17%などの表記が見られます。

また、キャッシングの金利は基本的に年利率で表示されています。これは、年に何%の金利(利息)がかかるかということを意味しています。ちなみに、金融業界では年率の他にも月利(1ヶ月あたりの金利)や日利(1日あたりの金利)などがありますが、キャッシングではほとんど使われていません。

利息の計算方法、それでは、利息がどのように計算されるのかを説明します。まず、利息は元金に金利をかけたものなので、わかりやすい計算式は以下の通りです。

10万円(元金)×15%(金利)=15,000円(利息この場合、金融機関から10万円を金利15%で借りた場合、1年後の返済額は10万円+1万5千円=11万5千円となり、1万5千円が利息となります。ちなみに元金とは、金融機関から借りたお金のことです。

〇基本的にキャッシングは毎月返済していくので、金利は年率で表されます!

基本的に利息は日割りで計算されます、利息=金利です、金融商品に表示されている年利は1年分ですが、キャッシングやカードローンは基本的に日割りで計算されます。例えば、年利15%の金利で10万円を借りた

場合、まずは1年間で発生する利息を日割りで計算します。10万円(元金)×15%(年利)=15,000円(利息この場合、1年間で15,000円の利息となりますので、これを1年間の365日で割ると、1日あたりの利息を計算します。

15,000円(1年間の利息)÷365日≠41円(1日あたりの利息つまり、金融機関から10万円を年利15%で借りた場合、1日あたりの利息は約41円となります。これを1ヶ月あたりの利息として計算すると

41円×30日=1,230円そうすると、利息は約1,230円になります。基本的にキャッシングは毎月返済していくので、金利は年率で表されますが、実際に返済する際には、月ごとの利息を計算してみると、毎月どれくらいの利息を支払っているのかがわかります。利息の計算式は、元金×金利÷365日×借入日数です。上限金利は固定されています。

まとめ

消費者金融からお金を借りていた頃は、キャッシング金利29.2%が当たり前でしたが、平成22年6月18日の出資法改正施行により、出資法上の上限金利が20.0%に設定されました。

そして、この上限金利にはいくつかの種類があり、借入額(元金)に応じて上限金利が決められています。

元金10万円未満→20%の金利、10万円以上100万円未満の元金→18%の金利、元金100万円以上→金利15%。つまり、消費者金融や信販系のキャッシングや銀行カードローンはこの上限金利で守られているのですが、もしフィナ

-キャッシング

Copyright© キャッシング 初めて おすすめ , 2022 All Rights Reserved.