キャッシングでお金を借りられる説明サイト

キャッシング 初めて おすすめ

キャッシング

〇 キャッシング・支払いを滞納・金融会社から電話が・督促状くる!

〇キャッシングの支払いは必ず期限内に行う!

キャッシングの支払いを長く滞納し続けると、金融会社のほうから自宅に電話がかかってきたり、督促状が送られてくることがあります。これは、金融会社が何としてでも借金を回収したいと考えているため、電話がかかってきたり、督促状が送られてくるのは当然のことです。

〇金融会社から依頼されたお客様の債権回収を代行します!

また、そのような督促があったとしても、延滞が続いているようであれば、今度は金融会社が裁判所に請求し、裁判所からの支払請求書と呼ばれるものが送られてきます。

しかし、この支払請求書が届く前に、貸金業者は債権回収業者に債権回収の代行を依頼します。

債権回収会社は、その名の通り、金融会社に代わって、依頼を受けたお客様の債権を回収する、つまり、債務者に債権回収の勧誘を行う会社です。

〇借金取りの請求内容!

債権回収業者は、延滞しているクレジットカードの支払いやキャッシング、さらにはオンラインショッピングのクレジットなどを回収するための代理人として活動することが多いのではないでしょうか。

これらの金融商品の支払いが一定期間滞ると、金融会社ではなく債権回収業者から電話がかかってきたり、"A社から債権回収業務を任されました。"といった文言の入った督促状が送られてきます。

しかし、法律に基づいて運営されているため、債権回収会社とはいえ、暴力的な取り立てをしたり、いきなり家や職場に侵入したりすることはありません。

しかし、債権者が一定期間支払わない場合、裁判を起こされたり、資産を差し押さえられたりする可能性があることを知っておく必要があります。

〇金融機関から支払いの催促が続きます!

借りたお金を返済するのは当然のことですが、状況によっては返済が困難になることもあります。しかし、そのようなお客様の事情は貸主であれば関係ありませんので、借金が返済されるまで督促は続きます。

ちなみに、銀行や貸金業者からの借金には消滅時効があり、消滅時効に該当する場合は、最後の返済から5年後に返済が免除されます。

また、金融会社から督促を受けただけでは時効は継続しますが、裁判上の督促や差し押さえがあった場合には、借金の時効は中断します。
そのため、お金を借りている金融会社などの金融機関から、債務の支払いを求められた場合(内容証明郵便など)には、時効が中断される可能性があります。

しかし、時効が成立するまでは滞納金が発生し続け、債務者が死亡した場合は、検認により滞納金を含む債務が配偶者や子供に相続されることになります。

自分の借金が配偶者や子供に相続されることを考えると悲しいですね。そのため、借金問題が大きくなる前に、債務整理を専門とする弁護士や司法書士に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

債務整理は良くないと思う人もいるかもしれませんが、今の複数の借金を解消して、精神的に毎日をやり直した方が良いと思います。

また、債務整理は法律で認められた権利ですので、借金問題が大きくなる前に、債務整理を専門とする弁護士や司法書士に相談してほしいと思います。

-キャッシング

Copyright© キャッシング 初めて おすすめ , 2022 All Rights Reserved.