スポンサーリンク

老化防止によい運動15記事

15 老化防止、筋肉緊張、やわらげ、間接をほぐすことが重要!

〇 老化防止のストレッチ!

運動が老化防止に役立つことはいろいろな研究から明らかになっていますが、毎日運動をするのは無理だと思う人は軽いストレッチから始めるといいでしょう。
高齢者の場合、筋力の衰えと関節が固くなっていることが多いため、ストレッチによって間接をほぐすことが重要です。

〇 ストレッチだけでも、痴ほう症予防や老化防止につながる!

ストレッチだけでも血行が良くなり、痴ほう症予防や老化防止につながります。
具体的なストレッチをいくつか紹介します。
実際に行う場合は医師に相談することをおすすめします。

〇 肩の柔軟性を高めるストレッチ!

肩の柔軟性を高めるストレッチです。腕を伸ばして胸の前で組みます。腕を組んだまま背中を曲げていきます。
この時、息を吐きながら行い、胸のへこみを意識しましょう。
スピードはゆっくりと行い、勢いを付けてはいけません。このストレッチを自分の体調に合わせて数回行います。いくらかでも肩や首の痛みが減少してきます。
もちろん、無理をしないことがポイントです。それから椅子に座って行うストレッチです。
腹筋に力を入れて、膝を曲げたまま足を浮かします。これを左右交互に行うだけです。

〇 ともかく体を動かすことです!

腹筋と腿の筋肉を鍛えることになり、歩行時の転倒防止につながります。
老化防止ですから、体が動く年齢の時から始めるのがいいのですが、高齢者でも簡単にできるストレッチですから、体を慣らしながらやってみてください。
ポイントは無理をしないことと、立った状態で行うストレッチは転倒防止のために横に椅子を置いてやるといいでしょう。
老化防止は活動的な体づくりにつながりますので、できる限り続けることが重要です。
ストレッチの種類はいろいろなパターンがあり、毎日同じストレッチではなく曜日ごとに別のストレッチを決めるのもいいでしょう。
モチベーションを高めるために、どのストレッチを何回するかを自分で決めてみてはどうでしょうか。
高齢になると体が動かなくなり、ベッドに寝たきりになってしまうことも少なくありません。
そうゆう生活では老化を前進させてしまうだけですから、ともかく体を動かすことです。

まとめ

寝たきりの状態でもできるストレッチがありますから、自分ができる範囲で続けます。
高齢者向けのサービスとして行われているストレッチを参考にすれば、きっと健康な体を取り戻すことができるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-老化防止によい運動15記事

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.