スポンサーリンク

消費金融!ブラで借りる15記事

3 ブラックリスト者でも借りれる」という話を聞いた事がないのですが?!

〇 ブラックリスト者でも契約可能なの?!

ブラックリスト者でも契約可能なの?「ブラックリスト者でも借りれる」という話を聞いた事がないのですが?同じような状況の人がそのような話を聞くと、藁にも縋る考えなるかもしれません。けれども、現実に借りれるのなら、その人はそもそもブラックリスト者ではなかったか、異動情報が消えていたと考えられます。

〇 信用情報を回復させたいと心積もりているひとは、示談などで解消を図ったりしましょう!

ローンを踏み倒した過去がある人は、クレジットカードを作ったり貸付金を組んだりする事はできなくなりますが、それ以外の異動情報ならば、一流企業支出者金融も徐々に契約可能なようになっています。信用情報を回復させたいと心積もりているケースは、法的申込み手順によって整頓したり、時効の援用を使用したり、示談などで解消を図ったりしましょう。

ブラックリスト入りしていても契約可能な確率があるのは、「法的整頓を完了させてから5年以上経過した時」「長期延滞をしたけど入金をした事例」です。このような時は、巨大資本の会社でも契約するようになってきており、査定に通りやすくなりました。

〇 携帯電話の入金を滞納しブラックリスト入りする事例も多々あるようです!

ブラックリストには、案外手軽にに載ってしまいます。支出者金融の信用情報組織(JICC)では、91日以上延滞すると黒情報が記載され、クレジットカードなどの信用情報機構(CIC)では、61日以上延滞すると黒情報が記載されるようになっています。

その上、入金して延滞が落着されても「延滞落着」という黒情報に書き換えられ、1年も残ってしまいます。近頃では、携帯電話の入金を滞納しブラックリスト入りする事例も多々あるようです。

〇 延滞した分を支払っても、「延滞決着」として信用情報に残ってしまうのです!

現在では、プライスが20万円前後もするスマートフォンが登場し、平均でも本体費用は5万円〜10万円となっています。一括で買い物可能なら良いのですが、多様な計画を考慮すると分割払いにする人が多々あるでしょう。本体を分割払いでショッピングする事例は、貸し出し契約を結ぶ事になります。

ブラックリスト者でも契約可能なの?。携帯料金の決済を忘れてCICに事故情報が掲載される場合がかなり多くて、貸金業業界で問題となったそうです。さらに、延滞した分を支払っても、「延滞決着」として信用情報に残ってしまうのです。支出者金融や銀行の査定では、個人信用情報に黒情報がない事を前提と考慮しています。

 まとめ

携帯料金などクレジットカード系の延滞をし、入金しても延滞決着という黒情報が新たにつきますが、直近ででは、延滞月に入金が完了していれば、契約可能な支出者金融も増加しています。つまり、延滞解決の黒情報が残っていても、キャッシングの契約が可能な確率もあるという事です。

 

ヴェルニ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-消費金融!ブラで借りる15記事

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2020 All Rights Reserved.