スポンサーリンク

消費金融!ブラで借りる15記事

2 信用情報機関とは?!

〇 信用情報に悪い情報がのると、普段の暮らしの中で不便さを感じる事が増えるでしょう!

信用情報には、名前、生年月日、電話番号、勤務先、ホーム情報、個人の年収、支出者金融のカードローン・キャッシングやクレジットカードの活用履歴が記録されています。その上、信用情報に悪い情報が残りブラックリスト者となれば、クレジットカード払いができなくなったり、貸し出しが組めなくなったり、普段暮らしの中で不便さを感じる事が増えるでしょう。

〇 日本には、信用情報組織が3つあり、信用情報はそこで管理されています!

では、これらの信用情報は、信用機構にいつまで記録されるのでしょう、一度、信用組織に記録されると、一生ブラックリスト者となってしまうのではないか、と不安になりますが、そうではないのです。信用組織に登録されるのは、一定の期間だけです。日本には、信用情報組織が3つあり、信用情報はそこで管理されています。

「シー・アイ・シー(CIC)」は、だいたい、クレジットカード企業や銀行、支出者金融が加入しています。「日本信用情報機構(JICC)」は、大抵、クレジットカード法人や銀行、支出者金融が算入しています。「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」は、だいたい銀行が算入しています。

契約や借入、返金などに関連する情報は、JICC、CIC、KSCともに、約5年間記録が残されます。配慮が必須なのは、すでに完済したり取り止めしたりしたものでも、一定の期間は記録が残されてしまいます。

 

〇 クレジットカードやカード貸し出しを一度にいくつか社申請する事も配慮しましょう!

他にに関しては、各々の信用情報機構で期間が異なります。長期延滞の記録は、JICCは1年間ですが、CICとKSCは5年間残ります。自己破産など債務片付けを行った記録は、JICCとCICは5年間ですが、KSCは10年間も残ります。10年という長い間記録が残るという事は、その間に、カードクレジットやクレジットカードをエントリーする事は困難なでしょう。

民事補修については、JICCは5年間、KSCは10年間残りますが、CICは記録が残りません。任意片付けについては、JICCは5年間記録されますが、CICとKSCは記録されません。その上、クレジットカードやカード貸し出しを一度にいくつか社申請する事も配慮しましょう。3つの信用情報組織で、エントリーをしたという記録が6ヶ月間残されるのです。

〇 借りれる状況ではなかったら、別の法人にエントリーするのは、6ヶ月以上経ってからにしましょう !

申請を短期間で申請するという行為が、お金に困っていると決断されてしまいます。クレジットカードなどを1つ申し込んで査定に落ち、借りれる状況ではなかったら、別の法人にエントリーするのは、6ヶ月以上経ってからにしましょう。

カードクレジットを申請する場合に、自分が黒で借りれるか如何にか懸念事項なケースは、自分の信用情報を見定めしておくと良いです。信用情報の開示請求が最も手間なくなのは、CICでしょう。理由を言えば、開示の申請や報告書の受け取りは、インターネットだけで可能だからです。

まとめ

それ以外の手法に、配送と窓口がありますが、手数料は、インターネットや発送が1000円、窓口が500円となっています。JICCの申請は、配送や窓口、スマホアプリでできますが、報告書の受け取りは、発送か窓口のみで、スマホアプリでは見る事ができません。手数料は、発送が1000円で窓口が500円です。

さらに、KSCの事例は、申請も報告書の受け取りも配送だけで、手数料は1000円です。

 

ヴェルニ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-消費金融!ブラで借りる15記事

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2020 All Rights Reserved.