スポンサーリンク

老化防止によい運動15記事

12 老化防止の有酸素運動、血管年齢、ウォーキング下半身の筋力を鍛える!

〇 老化防止の有酸素運動!

最近、血管年齢が注目されています。
血管年齢とは血管の柔らかさを示すものですが、結果が固くなって脳こうそくや心筋梗塞を発症しますから、長生きする上で重要な指標と言えるでしょう。
血管を柔らかくするためには有酸素運動がいいことがわかっています。
有酸素運動はウォーキングやジョギングなど、わりと長い時間維持する運動です。

〇 自分の中で少し早歩きを意識することが大切です

スポーツ選手のように速く走る必要はありませんが、自分の中で少し早歩きを意識することが大切です。
ゆっくり歩行しても、有酸素運動にはならないからです。
また、老化防止の観点ではしっかりとウォーキングができるように下半身の筋力を鍛えておくことがポイントになります。
下半身を鍛えればちょっとした段差でつまずいたりすることがなくなりますし、膝や腰が痛くなることもありません。
筋力を鍛えることは無酸素運動であり、短時間でしっかりと力を入れる運動です。
筋力を鍛えると足ふみが楽になる代わりに血管が固くなる弊害があります。
それをカバーするために有酸素運動をするのです。

〇 無酸素運動と有酸素運動をバランスよく!

老化防止は高齢になっても健康な体を維持することが必要ですから、そのために無酸素運動と有酸素運動をバランスよく行わなければなりません。
1一当たりの運動量を気にするのではなく、毎日少しずつ続けることを重要視してください。
健康な体は1日で作られるのではなく、日々の生活の中で作られるからです。
高齢になってから運動を始めるのはちょっとハードルが高いですから、中高年ぐらいの時から筋力を鍛えておくことをおすすめします。

〇 運動によって身も心もリフレッシュされるのです!

筋肉の中でもインナーマッスルを鍛えることが効果的と言われています。
スポーツをやるためのパワーを出すのではなく、きれいな姿勢、腰痛やひざ痛を起こさないための筋肉づくりを心掛けなければなりません。
高齢になっても元気よく歩いている人の多くは若い時から運動をしています。
運動によって身も心もリフレッシュされるのです。

まとめ

家の中での運動もいいですが、屋外で早歩きすることで気持ちも若々しく保つことができるでしょう。
それが表情に表れて、若く見られることにつながります。
化粧やサプリメントだけで老化防止ができると思っているなら、それは大きな間違いと言えるでしょう。

ヴェルニ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-老化防止によい運動15記事

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2020 All Rights Reserved.