スポンサーリンク

老化防止によい運動15記事

6 老化防止と食事、健康、睡眠、運動しましよう!

〇 老化防止と食事!

老化防止は誰でも気にしていることでしょうが、具体的にどうすればいいのかわからない人も多いでしょう。
老化を押さえることはできませんが、高齢でも健康な人になることはできます。

〇 適度な運動を習慣付けること!

健康は年齢に関係なく、食事、睡眠、運動のバランスを考えることでしょう。食事は栄養バランスを考えて、食べ過ぎないようにすることがポイントです。
特別に老化を防止する食事に気を付けなくても十分です。

もちろん、抗酸化作用が期待できる食材を摂取することは老化防止の効果を高めてくれます。例えばビタミンCを豊富に含む柑橘類。海藻類、魚介類、納豆が健康食品の代表です。高級な食材ではなく、スーパーで購入できるものばかりです。食事は有意義ですが、それと合わせて運動をおすすめします。

適度な運動を毎日やるように習慣付けることで食事や睡眠も充実することになるからです。用心しておかなければならないのは過度な運動をしないことです。

〇 やりすぎると怪我をする!

もちろん、あまりゆっくりした運動では効果がありませんが、やりすぎると怪我をしたり、筋肉痛で動けなったりする場合もあります。
自分の体力と運動量のバランスを取ることが重要です。運動を習慣にして、少しずつ運動量を増やすことを考えなければなりません。

あまり楽な運動では老化防止の効果が期待できないからです。具体的にはちょっときついと感じる程度に負荷をかけた筋トレをやりましょう。

〇 老化防止のためには下半身の筋肉を鍛えなければなりません!

スピードや勢いをつけた運動ではなく、動作はゆっくりと行います。例えば腹筋は1日10回程度でいいのですが、それをゆっくりと行います。腹筋をゆっくりやるのは意外と大変です。スピードを付けた方が楽なのです。筋トレは筋肉を増強するための運動です。どの部分の筋肉を鍛えるかを意識しましょう。

最近、よく聞く言葉にインナーマッスルがありますが、通常の運動では鍛えにくいですから、インターネットなどで情報を入手してください。
また、老化防止のためには下半身の筋肉を鍛えなければなりません

まとめ

足首から股関節、腹筋などを鍛えましょう。運動を続けることで体は確実に健康になります。

腰痛で悩まされている人は軽めのメニューから始めてください。痛い状態を無理に続けてはいけませんし、治療を受けている人は医師に相談しながら運動することが重要です。

ヴェルニ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-老化防止によい運動15記事

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2020 All Rights Reserved.