スポンサーリンク

老化防止によい運動15記事

5 老化防止と健康、運動器具!

〇 老化防止と健康!

老化防止を考えるなら、自分にあった体操等をとりくんでいくことが老化防止につながることでしよう。
老化を止めることはできませんが、日々の暮らしに活気のでる行動をとっていくことが元気なお年寄りになることはできます。

〇 自分がスムーズに歩ける程度に下半身の筋肉を鍛える!

そのために重要なことは健康を維持することでしょう。不健康なことを控えて、日々健康な暮らしをすればいいのです。
健康な暮らしをするには健康な精神は健康な体に宿りますつけましよう。

その中で運動は高齢になると難しいと思っている人が少なくありません。多くの人が誤った理解をしているのですが、高齢になっても体を鍛えることはできます。
そのため筋肉は鍛えることともに強くなるのです。

若い人とは同じような運動はできません自分にあった運動器具を使い、健康を維持するためには筋肉を鍛えておくことが重要となります。
どのくらい鍛えればいいかというと、自分がスムーズに歩ける程度に下半身の筋肉を鍛えてください。

スクワット、腿上げなどトレーニングのやり方はいくつものパターンがあります。
運動のポイントは年齢に関係なくトレーニングをすることです。

〇 足と腰を鍛えることで、日々の生活が活動的になります!

もちろん、年齢に合わせて回数や時間を調整しなければなりませんが、筋肉をつける方法は同じなのです。スクワットで鍛えられる筋肉は腿とふくらはぎでしょう。
ゆっくりと膝を下げていきましょう。そして、一番下げたところで数秒間停止させます。その後、ゆっくりと上体を起こします。
この回数と下げ方などを自分の筋力に合わせて調整すればいいだけです。

プロレスラーがやるスクワットと高齢者は同じことをするのです。
足と腰を鍛えることで、日々の生活が活動的になります。それは体全体の健康を保つために重要な役割となるでしょう。

〇 健康な精神は健康な体に宿ります!

健康な精神は健康な体に宿ります。病気にかからないだけではなく、健康な肉体を作らなければなりません。年寄りになって体が動かないと思うなら、筋力が衰えているのです。自分を鍛えてください。

最近年寄り向けの体操教室が増えてきておりますが、みんなで同じことをやるのではありません。
自分の筋力に合わせて力をかけるようにしてください。

まとめ

筋力はすぐに付くわけではないため、日々の運動を習慣にしましょう。
それが健康の基になります。

ヴェルニ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-老化防止によい運動15記事

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2020 All Rights Reserved.