スポンサーリンク

老化防止によい運動15記事

3  老化防止の極意は筋トレです!

〇 老化防止の極意は筋トレです!

老化防止の極意は筋トレで、つまり運動をする事です。ただ、肝心な事は近頃諸々な人が解説しているインナーマッスルを鍛える事です。

老化は止められませんが、筋肉を鍛える軽い筋トㇾ等は、何歳になっても不可能ではないです。

確実な意義での老化防止とはなりませんが、何歳になっても元気でいるためには筋肉を鍛える事は生活上問題ないでしょう。

〇 具体的な運動はの秘訣は程よくな体に負荷をかける事です!

それでは具体的な運動は如何にすればいいでしょうか、秘訣は程よくな体に負荷をかける事で、さらに、筋肉の大方は下半身にありますから、膝や腰、ふくらはぎなどを鍛えるようにします。年配向けの健康教室ではスクワットを積極的にとりいれていますので、自分の健康状態に当てはめた程よくな負荷をかける事が秘訣となります

フレッシュな人なら腰を低くする事も可能なでしょうが、お年寄りに同じ姿勢は理不尽です。どこまで腰を下げられるかは自分でやってみるとわかるでしょう。

肝心な事は筋トレですから少々きつく感じる程度にやる事です。気楽な運動はどれだけやっても筋トレになりません。すこしは体に、負荷をかけないとだめです。

確かに、長時間歩く事は有酸素運動として大きな成果が見込みできますが、これは筋肉を鍛えるのではなく心臓や血管などの循環器系を鍛える事になります。

〇 当然、脂肪の燃焼も必須な問題です!

当然、脂肪の燃焼も必須な問題です。他にも、運動をする時には持病への影響がない事を医者に見極めしておく事が大事です。心臓が弱弱しい人が筋トレ等やると体に大きな負担がかかるのでやめましよう。

運動以外にも老化防止は心積もりなければなりませんが、下半身が充分にしている人は何歳になっても元気です。反対に下半身が動かなくなると急速に老化が進むと言われています。ベッドに寝たきりのシルバー世代は認知症の進行が速い事はもはや常識となっています。

シルバー世代が筋トレをする時には器具を使用するよりも自分の体を動かす事で可能な運動がいいでしょう。理不尽をしないように、椅子に座ったり手をついたりして、筋トレを進めましょう。

〇 まとめ

シルバー世代向けの体操教室に積極的に参加するのもいいですし、体を動かす事で脳への刺激も高まりますから、また老化防止につながるでしょう。

フレッシュな人の筋トレとはわずか視点が相違ますが、支障がなければ定期的続ける事を推奨します。

運動の習性をつけてください。

 

ヴェルニ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-老化防止によい運動15記事
-

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2020 All Rights Reserved.