スポンサーリンク

札幌雪祭り15記事

8札幌、テレビ塔から眺める、雪祭り!

〇 テレビ塔から眺める雪祭り!

さっぽろテレビ塔からの眺める雪祭り札幌雪祭りで展示される雪像や氷像は、近くで見るのも良いですが、さっぽろテレビ塔の展望台を登れば、大通公園の雪祭りの様子を眼下に見渡す事ができます。さっぽろテレビ塔は1957年に開業し、札幌中心部の観光スポットとして、60年以上愛されている電波塔です。

地上90mの展望台からは、大通公園、大倉山ジャンプ場、札幌ドームなどを見渡す事ができます。

〇 色とりどりに輝く幻想的な空気を楽しめます!

札幌雪祭りの期間中には、テレビ塔の目の前にスケートリンクが登場し、展望台からはスケートを味わってでいる人たちの様子もよく見えます。夜には、スケートリンクもライトアップされるので、色とりどりに輝く幻想的な空気を楽しめます。

加えて、大通公園3丁目のジャンプ台とその後ろの大雪像、4丁目の大雪像のプロジェクションマッピング、8丁目の雪像まで見渡す事ができ、高倍率ズームカメラなら艶やかに撮影できます。

〇 テレビ塔の展望台に続く階段です!

ただ、ガラス越しで撮影すると、反射してビューディフルに撮れない事があります。その実、さっぽろテレビ塔からガラスがない様子で撮影可能なテクニックがあるのです、それは、テレビ塔の展望台に続く階段です、高いところが不得意でなければ、何とぞ行ってみてくれ穴場スポットです。

金網がありますが、撮影スポットとして、ところどころにレンズを出せる穴が下拵えされているので、コンパクトデジカメやスマートフォンなら、金網が写り込まずに透明感漂うに撮る事ができます。

〇 ライトアップが行われる夜の時帯の方が混雑するようです!

さらにライトアップが行われる夜の時帯の方が混雑するようです、写真撮影目的でなくても、展望台から階段で下りてくると迫力のある貴重な体験ができます、いつもさっぽろテレビ塔の展望台の入場券は、3階の展望台入場券売場で提供していますが、札幌雪祭りが開催される2日ほど前から最終日までは、1階の外で提供しています。

空いていればだいたい15〜20分くらいでショッピングできて展望台まで行けますが、混雑している時は、展望台まで30分以上時が必要になる事もあるようです、そして、期間中の混雑状況を見てみると、ライトアップが行われる夜の時帯の方が混雑するようです。

まとめ

特に、土日はかなり混雑し、18時〜21時は入場券をショッピングするために並び、展望台まで1時近く必要になる事もあると言います、21時を過ぎると若干空いてきますが、テレビ塔の閉館時もあるので、展望台に上がる事ができても、自分のペースでと眺める時はあまりないでしょう、可能なら、平日に訪れる事をイチ押しします。

 

ヴェルニ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-札幌雪祭り15記事

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2020 All Rights Reserved.