スポンサーリンク

読書の秋!今がチャンス!15記事

7 社会人の読書とマネジメント!

〇 社会人の読書とマネジメント

マネージャーは毎日いろいろな課題を処理しています。
自分だけで処理できる内容であればいいのですが、多くは部下への指示や会社の経営層への相談など幅広い守備範囲を処理しなければなりません。
そのために、社会人大きなストレスをかかえてしまうのです。
このような社会人にはゆとりの時間を確保しての読書をおすすめします。
もちろん、おすすめの読書の内容はマネージメントに関する本です。

〇 マネージャーはどうあるべきか!

自分がやっていることを客観的に見ることで、効率よく仕事ができるようになります。また、これまで気づいていなかった自分の欠点も見えてくるでしょう。
マネージャー向けの書籍はたくさん出版されています。
日本人かがいたものよりも翻訳本の方が多いはずです。
それだけ、世界中の人が同じことで悩んできたと言えるでしょう。
マネージャーはどうあるべきかについて、心理学的な視点からアドバイスをする内容が多いようです。

〇 社会が人と人とのつながりによって成り立ってる!

その理由は社会が人と人とのつながりによって成り立っており、仕事をすることは人との付き合い方を考えることに他ならないからです。
人の心は目に見えませんが行動に表れます。
部下のやる気を引き出すことで仕事がスムーズにいくことは誰もが経験していることでしょう。
これは教育においても応用できます。
つまり、一つの本から得た知識は特定の場面だけに適用するのではなく、もっと幅広い部分で考えなければなりません。
人が考えることには限界があり、それらを心理学が分析してきました。
それでもまだわからないことがたくさんありますから、新しい書籍が登場するのです。

〇 自分を変えていくことで周りが変わってくる!

自分が考えていなかったことを読んだ時には、誰でも衝撃を受けることでしょう。
重要なことはそれから先です。
自分を変えていくことで周りが変わっていきます。
マネージメントをする人が読書を習慣にしていることはよくありますが、必要以上に時間を費やすべきではありません。
書籍の文字から得られることは限定的であり、それを頭の中で反芻する時にいいアイデアが生まれてくるからです。
言葉を単なる文字としてとらえるのではなく、頭の中で再構築するのです。

まとめ

心理学者はいろいろな視点から人の心を分析していますから、人によって考え方が違います。
どれが正しいかではなく、自分に合っているのはどれかを考えましょう。

ヴェルニ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-読書の秋!今がチャンス!15記事

Copyright© 生活上!ためになり!知りたいこと 1メニュー15記事 , 2019 All Rights Reserved.